ラクトフェリンは腸溶性が効く!その秘密は?

ラクトフェリンは腸溶性が効く!その秘密は?

腸溶性とは?

ラクトフェリンサプリメントでよく見かける「腸溶性」とは何なのでしょうか?これは商品選びのポイントにもなるため、ラクトフェリンで健康効果を得たい方はしっかりと覚えておく必要があります。

 

腸溶性とは胃で溶けない加工を施し、腸ではじめて溶けるようにしたものです。味が気になる錠剤などでも用いられる方法で、ラクトフェリンのように胃で溶けて分解されやすい成分でも使われています。ラクトフェリンは胃酸に弱いため、腸まで溶けず届ける必要があるのです。

 

その技術はカプセルに入れて溶けなくしたり、コーティング加工を施し腸まで届かせる方法などです。カプセルに入っているラクトフェリンサプリメントは、外側を覆う素材で胃にて溶けないようにしているため、噛まずにそのまま飲む必要があります。また、中身を取り出して飲むことは、ラクトフェリンの効果を下げてしまいます。

 

ラクトフェリンサプリメントで腸溶性であることを確認するには、メーカーの説明書きをよく読みましょう。何も書かれていないメーカーの商品は、胃で溶けるラクトフェリンを使用している可能性があります。ラクトフェリンは胃で溶けるとほとんどが消失してしまうともいわれているため、商品選びのポイントにしてみましょう。

ラクトフェリンの受容体

なぜラクトフェリンが腸まで壊れず届けられる必要があるかは、腸の表面にはラクトフェリンの受容体があるからです。受容体とは様々な物質を結合させ、細胞の反応を高めるためのものです。腸にもともとこのような部分が見られるのも、ラクトフェリンは母乳に多く含まれているからなのでしょう。

 

実はこのラクトフェリンの受容体は、腸だけでなく体のいたるところで見つかっています。各臓器などの全身にも見つかっており、リンパ節などの免疫器官や、脳にも存在することがわかっています。

 

人の体の様々な箇所にラクトフェリン受容体があり、ラクトフェリンを利用できる環境が備わっているのです。ラクトフェリンは初乳に多く含まれ、授乳を通し赤ちゃんに与えられています。生まれた直後から私たちは体に取り込んでおり、きちんと物質を使うことができる仕組みができあがっているのです。

 

しかし、ラクトフェリンは胃でほとんどが分解されてしまうため、腸までそのままの形で届ける必要があり、それを腸から吸収させ全身に届ける必要があるといえます。胃に含まれる酸やペプシンという消化酵素でも分解されやすいため、腸溶性にすることはとても重要です。腸まで届けばラクトフェリン受容体にも届き正しく使われていきます。

人に馴染みがある成分

人の体内にはラクトフェリン受容体が存在していることから、人には馴染みの高い成分だということができます。初乳に多く含まれ、生まれた直後から摂取しており、赤ちゃんの免疫力強化や腸内環境のバランスを整えるなどの働きがあります。

 

私たちは母乳を通し大量のラクトフェリンを摂取した経緯があるため、大人になっても安心して使用することができます。授乳を終了した子どもにもラクトフェリンは使うことができ、赤ちゃんからお年寄りまで、ラクトフェリンは必要な成分だといえるでしょう。

 

市販されているラクトフェリンは、牛乳由来のものを使用していることが多くなっています。これに対してもラットでの研究が重ねられており、大量に投与しても副作用が出ないことが確認されています。ラットでは1kgあたり最大2,000kgと大量に投与しても、問題が出なかったとされています。

 

さらにラットでの実験では大量に投与しながら、13週連続しても問題が出ませんでした。1kgあたり2,000kgといったら相当な量ですから、実質この量を摂取することはできないでしょう。サプリメントでも1日に服用する量は、ラクトフェリンが100〜300mg程度しか含まれていません。美容や健康目的ならこの量でも十分効果があると考えられており、もし大量に飲むようなことがあっても問題ないといえるでしょう。

 

ラクトフェリンが注目される理由

本当に腸から吸収される?

腸にはラクトフェリン受容体があることは確認されていますが、本当に腸からラクトフェリンが吸収されているかは、専門家の間でも意見が分かれています。まだまだ研究が始まったばかりの物質のため、確実に腸から吸収されているという確証は得られていません。

 

腸からラクトフェリンのような大きな物質は吸収されないという専門家もいます。栄養素が腸から吸収できるようにするには、ラクトフェリンのようなたんぱく質ならアミノ酸やペプチドにまで分解する必要があります。そこではじめて吸収され、体内で合成されて各器官へと運ばれていきます。

 

ラクトフェリンが胃で分解されず、そのままの形で腸まで届いた場合は、分子量が大きすぎて腸からは吸収できていないと考える方もいるのです。

 

しかし、ラクトフェリンを研究する機関のなかでは、実際の研究結果で、ラクトフェリンが腸から吸収されていると実証しているところもあります。動物を使った実験で明らかにされており、腸から吸収され血中に移行することがわかっています。

 

どちらが本当なのかは結論は出にくいかもしれませんが、血液中に移行すると実証させている研究機関もあるため、ラクトフェリンは腸溶性のほうが優れていると考えることはできます。

 

ラクトフェリンが注目される理由

関連したサイト

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ